· 

Vol.19 HPが新しくなりました

HPの引っ越しをしました。とはいってもアドレスはそのままですので、変化がわかりにくいかもしれません。ちぇすなっとのHPは「ウェブサイト作成ツール」を使用して独自で編集していますが、HPの開設から2年、より詳細に作り上げるためにはドメインの引っ越しが必要だということがわかり、この度のリニューアルに至りました。

 

初の引っ越しに伴い、HPの中身を一から作り直すという作業をしました。内容量が多ければ親切というわけではないですし、閲覧した方が求めている情報を的確にピックアップしてもらうために、何を切り捨てて焦点をどこへもっていくか、考え直す機会となりました。そしてHPを考えるということはそのまま、お店について考え直すということでもありました。

 

「古絵本とコーヒーのお店 ちぇすなっと」は、絵本屋さんであったり、カフェでもあったり、本はすべて販売していたり、古本だったり・・・わかりやすい形のお店ではないので、初めて来店された方は戸惑うことも多いかもしれません。オープンから1年半の間、わかりやすくするために看板を設置してみたり、その内容を変えてみたり、本の置き方でカフェとの線引きを強化したり。でもお客さんにとっては、どちらも利用できることが「わくわくする」ことになってほしいので、線は引きすぎてはいけないと発見したり。試行錯誤の日々に終わりはない気がしています。

 

そしてお店について考えていくと、どうしてお店を開きたかったのかという初期の気持ちを振り返ることになりました。

小さな息子をバギーにのせて、カフェを横目でみて通り過ぎていた頃、素敵な空間でカフェオレが飲みたくてたまりませんでした。

だったらバギーでも子連れでも、もちろん大人だけでも、「居てもいいですよ」という雰囲気が伝わってくるお店を作りたい、そこから始まったお店づくりでした。

 

オープン準備中は不安だらけ。コーヒーを淹れるのも試行錯誤の連続で、豆の分量を少しずつ変えながらベストと思う味にたどりついていきました。自分たちの淹れたコーヒーが受け入れてもらえるのか、選んだ絵本を本当に喜んでもらえるのか・・・。

やっとオープンしたお店で、喜んで本を買ってくれたり、コーヒーをおいしいと言ってくれたりすると、本当に安堵しました。今でもその一回一回のありがたい気持ちはかわりません。世の中の状況がきびしい今だからこそ、ありがたさも染み渡ります。

 

見た目の「わかりやすさ」を引き続き追求していくことは大前提ですが、私たちが初期の気持ちを忘れずにお店に立っていることが、お店の一本筋となり、わかりやすさにつながっていくのだろうと改めて感じています。

 

今後ともちぇすなっとをよろしくお願い致します。